なんにもない日の頭の中はこんなもんだったりする

舟見和利